旅・観光 カンボジア

November 16, 2010

世界遺産・アンコール・ワット3日目

11月16日 /

シェムリアップで出会い
アンコールワット、ベンメリア、プレアビヒアと
一緒に濃い時間を過ごしたUme ちゃんが
今朝、マレーシア経由でインドへ旅立った

偶然このYAMATO Guest House で同じドミになり
楽しい時間を共にしたUme ちゃん
俺より8歳も若いけど、ノリも良くていいヤツ
ルートが似てる事もあって、またインドで会うかもしれないんで
そん時はよろしくね〜!とお見送り

で、午前中はゆっくりする事にして
この旅が始まって1ヶ月ちょい
普段洗濯は手洗いだったんだけど
YAMATO に洗濯機があって、US$1 / 1kg
時間もあったし、明日カンボジアを出発する事にしたんで
この旅初めての洗濯機を使っての洗濯を

16 Siem Reap 1

洗濯してる間に、YAMATO で売られてる
↑ クメール語のドラえもんを立ち読み
もちろん全く解読出来ないんだけど
俺、ドラえもん好きなんで、大体想像つきます(笑)

16 Siem Reap 2

そんで今日もYAMATO でランチを
日本風のカツカレー、味は普通です

って事で、雲行きが怪しくなりそうだったんで
干した洗濯物が乾くのを待って、アンコールワットへ

3日券買って、今日で3日目
1日券でも周れるっちゃ周れるけど
やっぱゆっくり見たかったから、3日券で良かった

IMG_9008

アンコールワット着いたら全然晴れてたわ
やっぱ晴れてると写真が映えるよね〜!
↑ おととい朝日を見たポイントでの1枚

アンコールワットを正面から見ると ↓ こんな感じで
工事中の養生が張られてます

IMG_9012

で、おとといもアンコールワットは見学したんだけど
ちょうど仏教の日にあたってしまい
アンコールワット内の第三回廊に上がれなかったんで
今日はそれメインで来ました

IMG_9062

これが第三回廊の入口の階段
相当急階段です
そんでやっぱり神聖な場所なんで
肌を露出する格好じゃ上がれません
まぁいないと思うけど、ミニスカートは完全アウトです
丈が短めのハーフパンツとかもアウトなんで
行かれる方は気を付けましょう

IMG_9031

第三回廊からは辺りの景色が見渡せて綺麗

で、第二回廊へ下りて
かつて日本人が落書きをしたって言う柱を探したんだけど
なかなか発見出来ず、キョロキョロしてたら
やたらと日本人がガイドに案内されて立ち止まってる場所発見
で、地球の歩き方に載ってる写真と照らし合わせて

IMG_9082

↑ これである事を確認

落書きって言うと、聞こえは悪いんだけど
これは江戸時代に肥前の武士・森本右近太夫一房さんが
何か勘違いして書いたそうな

って言うか凄いよね!?江戸時代だよ!?

でもここに立ち止まって説明を受けてるのは
日本人ばっかだったけどね
そして、何て書いてあるかは分かりませんでしたが…(苦笑)

IMG_9098

で、アンコールワットの外では
↑ お客さんが見学してる間に休憩してるバイクタクシーのお兄ちゃん
基本的にバックパッカーより少しお金がある方は
このバイクタクシーを使って遺跡見学します(笑)

で、最後はプノンバケンへ ↓
もちろん夕日を見る為に

IMG_9113

天気は下り坂…
ひと雨降って虹が ↑
よ〜く見ると外側に2本目の虹が架かってるんです
カンボジア最終日にいい物が見れたわ〜

そんで最後は綺麗な夕日で締めくくりです ↓

ちょっと雲がかかっちゃったんだけど
空を真っ赤に染め上げてくれました

IMG_9149

実はこの写真撮ってる時、集中豪雨に見舞われてて
写真撮るの諦めて帰る人達がいる中
俺はとりあえずカメラが濡れない様に
地球の歩き方を一眼の上に乗せ、写真を撮り続けました(笑)

んで、夕日が完全に沈んだのを見届けてから
ずぶ濡れになりながら、宿へ戻りました

宿に戻ってカバンの中身を出したら
水が溜まってて、パスポートや現金がびっしょり…
そんで目覚まし用に持って来てた日本の携帯電話が…
めちゃくちゃ熱を発してて危険な状態に
とりあえず電池外してみたけど、液晶の中も濡れてるし
きっとダメだろうなぁ…

16 Siem Reap 3

ちょっとショックはデカかったんだけど
めげずに今日もケーキを買いに ↑
いやぁこの半額は本当に嬉しい♪

更に明日の移動中用にパンもゲット ↓
ブルーパンプキンって言うオシャレなパン屋で
20時以降パンが半額なんでゲットです!
買い過ぎか!?(笑)

16 Siem Reap 4

そんでカンボジア最後の晩餐は ↓
最後もシェムリアップ滞在中に通った
アリーとアラーイの店で締めくくりました

16 Siem Reap 5

アリーとアラーイとも今日で最後なんで記念写真
愛想も良くてかわいい姉妹でした ↓

16 Siem Reap 7


カンボジア旅費・滞在費内訳 (9日間)
宿泊費 US$14
交通費 US$24
飲食費 US$46 21,100リエル
観光費 US$81  1,200リエル
甘味費 US$10 25,300リエル
土産費 US$9
その他 US$30
合  計 US$214 + 47,600ドン = 約19,000円
(※US$1=約86円 8,000リエル=約86円)


人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 15, 2010

久し振りにのんびり in シェムリアップ

11月15日 /

アンコールワットの3日券を買ってるんで
後1日残ってるんだけど、今日は生憎の雨だったし
ここんとこ毎朝早起きだったから
今日はのんびりする事に

って事で、朝はゆっくり起きて
Ume ちゃんと宿のYAMATO のレストランでブランチを

15 Siem Reap 1

↑ スペシャルセットのsmall を頼んだんだけど
十分なボリュームで、US$3
エビフライとかチーズカツとか、揚げ物を食いたくなって
久し振りの日本食だったんだけど
もちろん日本食だからって、味を日本と比べたら
そりゃ雲泥の差ではあるけど、普通に美味しかったし
何より値段とボリュームを考えたら満足です☆

15 Siem Reap 2

ちなみにYAMATO には二匹のワンコがいて
名前はクロベエとマロ
↑ いつもこうやってペタンって両足伸ばして寝てるんです
ルナと同じだなぁ、人懐っこいしかわいくて癒されます

んで、今日は本当にのんびりして
夕方からKazuma 君とUme ちゃんと歩いて町へ
ナイトマーケットへ行ったんだけど、ちょっと早過ぎて
まだやってなかったからUme ちゃんと俺はマッサージを
1時間US$3と格安なんだけど
まあ安いだけあって、技術は素人的な感じでした(苦笑)

マッサージの店はかなりの数あるから
どこも呼び込みと値引きが凄いんだけど
きっとUS$3クラスの店は “ それなり ” でしょう

15 Siem Reap 3

今晩は、久し振りの韓国料理を ↑

韓国料理、旨いよね〜!
しかも韓国料理のいい所って
キムチとかの副菜がお替り自由だったりもして
それだけでお腹一杯になっちゃうのが素敵♪

15 Siem Reap 4

こんな感じで、まだメインが来てないのに
テーブルはほぼいっぱいに
しかも店のママさんが気さくでどんどん副菜出してくれて
メインも食い終わり、お腹一杯になっても
持って来てくれるから、「もうお腹いっぱいだよ〜」って伝えると
「もう食べれないの〜!?」みたいな感じで
ノリのいいママでした

で、帰りは、こないだアイスを食ったラッキーモールの中の
夜20時以降パンがbuy 1 get 1 free の店へ寄って
↓ エクレアとパンを半額でゲット♪

15 Siem Reap 5

まぁ味はそれなりだったけど
カンボジアのスウィーツ第5弾は
シェムリアップで、 ↑ エクレアです

今日は久し振りに特に観光もせず1日ゆっくり出来たんで
明日はまたアンコールワット行っちゃいますかぁ!?

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 14, 2010

世界遺産・アンコール・ワット2日目

11月14日

今朝は3時過ぎに起きました
最近起きるのが早過ぎて、じぃちゃんみたいな生活だけど
今日はアンコール遺跡群でも一番有名な
アンコール・ワット(Angkor Wat )で朝日を見るべく
Kazuma 君、Ume ちゃん、Kanae ちゃんとチャリで
アンコールワットへ

IMG_5362

これは帰り際に撮ったんだけど
シェムリアップからアンコール遺跡へ向かう1本道にあるヤツ
きっと上がクメール語で “ Welcome to Angkor ” かな?

んで早めに着いて場所取りをして
事前にこないだ下見して決めてたベスポジを確保!
やっぱアンコールワットの裏から昇る朝日は拝んどきたいからね

IMG_5394

↑ 朝日がもうちょいで昇りそうでテンション上がって来てます

IMG_5366

↑ さすがにベスポジ、ご来光待ちの観光客が大勢
今か今かと朝日が顔を出すのを待っております

そして待望のご来光 ↓
これを見る為に今朝は3時起きしたからね〜
こないだのスラスランで朝日見た時のリベンジです

IMG_5430

いやぁ、綺麗だな〜
この手前の池のリフレクションがいいでしょ!?
アンコールとセットで見る朝日、いいよね〜
朝早く起きてよかったわ〜!!

最後に皆で記念撮影 ↓ をして、アンコールワット探索へ

IMG_8749


IMG_8752

朝日のお陰で足長おじさんになったんで
↑ これもついでに1枚

ではアンコールワットの見学スタートです ↓

ちなみにアンコール・ワットは
東西1.5km 、南北1.3km の環濠に囲まれ
幅約190m 、長さ600m 程もある大規模な寺院で
1113年〜45年にかけて作られたとの事です

IMG_8764


IMG_8770


IMG_8792


IMG_8774


IMG_8815


IMG_8813

やっぱりメイン的な存在なだけあって見所多いね〜!
ちょっと一部工事中で緑の養生がしてあったのが残念だったけど
彫刻も残ってたし、補修されてる所もあったけど
規模もデカイし、一度は見ておくべきだと思いました
大事な世界遺産だし、今後もしっかりと保ってもらいたいね

と、アンコールワットを持ち上げておいてなんなんですが…

IMG_8835

個人的には ↑ このバイヨン(Bayon )の方が好きだった
アンコール・トム(Angkor Thom )内のかっちょいい遺跡

ここはアンジェリーナ・ジョリー主演の映画
“ トゥームレイダー ” の舞台にもなった所で
それもあってか、日本人観光客がめっちゃいて
現地ガイドさんのガイドで、「トゥームレイダー」とか
「アンジェリーナ・ジョリー」って単語が聞こえてきた

IMG_8850

バイヨン遺跡内で休憩してたら、2人組の日本人の女の子がいて
偶然にもそのガイドが石田さんだったから話掛けたんだけど
日本人の子達はHISのツアーで日本から来てるらしく
1日ガイド付で1人US$30も払ってるんだって!?
俺らはチャリで周ってるからチャリレンタル料US$1だけ

ちなみに石田さんは1日ガイドで給料がUS$20
石田さんがガイドしてたお客さんは6人
US$30×6人=US$180
で、ガイドの石田さんにはUS$20しか入らないって事は
ツアー会社にUS$160も入ってんのか!?
ボロ儲けやなぁ…

あ、さっきから話に出てる石田さんって日本人じゃなくて
カンボジア人なんだけど、こないだ11日の日記で紹介した
“ 岡田さん ” 同様で、Non style の石田に似てるって事で
カンボジア人なんだけど、石田さん(笑)

IMG_8980

↑ リフレクションも素敵です

そんでちょっと腹減ったんで、こないだ食ってハマった
バナナを米で巻いた物を焼いたヤツをまた購入
んで、食ってたらあっと言う間に子供達に囲まれた ↓ (苦笑)

IMG_8909

かわいいから買ってあげたいんだけど
1つ買ったら、他の子達も「買って買って〜」って話になるからさぁ
ここは心を鬼にして丁重にお断りしました

これで一応アンコール遺跡群内の
アンコール・ワット、アンコール・トム、タ・プローム
タ・ケウなどの主要なのは全部周ったし
それ以外も結構一通り周った感あるんで

個人的に好きだったタ・プロームにもう1回行った

IMG_8934

こないだ来た時は、ちょっと天気微妙だったって言うのと
ちょっとゆっくりしたかったって言うのもあって来たんだけど
↑ 半端ないよね〜!!
ここも映画・トゥームレイダーのロケで使われたみたいです

IMG_8967

ここはタ・プロームのメイン的な場所だったから
人がいなくなるのを待つのに結構時間掛かったけど
無事にセルフで撮影成功☆

そんでしばらく岩の上で昼寝したり、日記書いたりして
のんびりしてたら、面白い蜘蛛を発見 ↓

IMG_8962

この色分かる?凄くない!?
グリーンメタリック??何て言う色か分かんないけど
そんな感じの蜘蛛が俺の腕の上を歩いてたんで
写真に収めてみました

そんな緩い時間を過ごしてたら
途中で別行動してたKazuma 君が

IMG_8957

↑ すぐ近くで昼寝してた(笑)

いやぁ、今日もかなり満喫だったわ〜♪

今日は仏教の日(月に4回あるそうです)で
アンコールワットの第三回廊はお休みでした
仏教の日は第三回廊まで上がれないみたいなんで
明日か明後日見に行ってみよう!

んで、今日も夕日を見ようかと思ったんだけど
西の空を大きな雲が覆ってたんで、今日は諦め宿へ
さすがに今朝3時起きだったんで、夕日まで体力持たず…(笑)

IMG_8996

帰り際に、アンコール・ワットの環濠で遊ぶ子供達に
手を振りながらチャリでアンコールを後にしました

そんで今晩は、Kazuma 君とUme ちゃんと
3人でナイトマーケットへ

DSCN9156

サルエルパンツが欲しかったんで
探してたら、色々と売ってたんだけど
こう言うマーケットでの楽しみって、買う事はもちろん
値段交渉も楽しみの一つじゃん!?
↑ このサルエル買うのも、もちろん値段交渉

だけどなかなか値段が折り合わず
ここは悪ノリで、店員さんに「この2人も買うから安くしてよ!」
って事で、Kazuma 君とUme ちゃんをノリで巻き込み
3人で色違いのサルエルを購入する事で
1枚US$5で折り合いが付きゲット!(笑)

そんで帰りにアリーとアラーイの店でシェイクを飲んで
今日も盛りだくさんな1日でした〜♪

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 13, 2010

世界遺産・プレアビヒア(Preah Vihear)

11月13日

プレアビヒア〜!!

朝5時出発だったから普通に車内で爆睡の予定が
あまりに朝日が綺麗だったからか、奇跡的に目が覚めたんで
必死に写真を撮りまくりました♪
その中のベストなヤツを ↓

IMG_5182

車で走りながら撮ってるから難しかったんだけど
そんな中で良く撮れた一枚です

んでプレアビヒアなんだけど
ベトナムのハノイで会ったMariko ちゃんから
絶対行った方がいいよって教えてもらったんだよね
2008年に世界遺産に登録されたプレアビヒア遺跡

IMG_5185

↑ …が、至る所にこんな感じで実弾入りの銃が…

実はここ、カンボジアとタイの国境に位置してて
両国間で所有権を巡って紛争が続いてるんです
今は落ち着いてるみたいなんだけど
カンボジアの軍隊が目を光らせております

↓ この子もカンボジア軍の兵士さん!?
めっちゃかわいくない!?

IMG_5189

こんなかわいい子達がいるのに紛争とかかわいそうだよね
何とか穏便に争いを解決してもらいたいもんですが
世界遺産となると、これから観光客もたくさん来るだろうし
それは=お金が入ってくると言う訳で
金が絡むとなかなか簡単にはいかないんだろうけどね…

IMG_5345

今回も昨日のベンメリアと同じく人数集めて
TAKEO のバンツアーで行ったんだけど
シェムリアップから4時間位で到着
片道6時間位って聞いてたから、意外な速さで嬉しい誤算

途中、プレアビヒア的な看板が出て来て着いたのかと思いきや
いきなり現地のおっちゃん軍団みたいなのに囲まれた
このツアーは運転手さんが現地の人だったから
運転手さんが対応してくれたんだけど
どうやら「この先は坂が急でバンじゃ登れない」との事
んで、そのおっちゃん達はバイクタクシーの運転手で
俺らを乗せて遺跡まで連れて行ってやると
もちろん金取るんだけど、どこの誰だかも分かんないし
本当に遺跡まで連れてってくれるのか
どっか訳分かんない所連れてかれる可能性もあるし
拒み続けてたら、1台のピックアップトラックがやって来た

結局そのトラックの荷台に皆で乗り合い無事に遺跡へ

IMG_5211

↑ プレアビヒア遺跡は比較的保存状態も良かった

IMG_5242

↑ 彫刻も綺麗な状態だった

IMG_5270

やっぱり晴れてると写真も映えるよね〜!

IMG_5200

7つの頭を持った蛇の像も綺麗に残ってました

IMG_5291

カンボジアの他の遺跡同様、崩壊してる所もあったけど

IMG_5314

高台に位置してるんで、景色も超綺麗だったわ〜

IMG_5336

兵隊さん達の訓練道具?石で作ったバーベル

IMG_5311

真ん中ら辺で子供達が興味津々でこっち見てました

IMG_5326

遺跡の一番奥に着くと、岩の下に軍の方々の休憩所?
見張り所なのか分かんなかったけど
リラックスした雰囲気の皆さんとしばし談笑

IMG_5250

ここ、綺麗に門の中に門な感じで、良くない!?

IMG_5342

最後は今日参加したメンバーで記念写真

今日のメンバーは昨日のベンメリアと似たメンツで
Kazuma 君、Ume ちゃん、Taketoyo 君、Hiro 君
JP、Nee ちゃんの男ばっかの計7人(笑)
皆めっちゃいい旅仲間でした!帰国したら日本でも再会したいね

遺跡は2時間位で周れるボリュームだったんだけど
まだ地雷が埋まってる所が多いらしく
現地の “ 勝手にガイド ” さんに
自動的に案内され?してもらい??
安全に見学する事が出来ました

他の遺跡と違って観光客もほとんどいないし
現地の人達も擦れてないから、見学しやすい
これが観光地化されちゃうとまた雰囲気も変わっちゃうだろうから
本当にいいタイミングで行く事が出来てよかったわ

IMG_5348

帰りの車内は皆爆睡 ↑
俺は車窓からの景色を楽しんでたんで起きてたんだけど
後ろ見たら ↑ こんな感じだったんで写真に収めときました(笑)

今回のツアー代は、US$200で
それを参加人数で割る感じだったから
人数が多くなればなる程割安になるんだけど
今回は7人参加で1人約US$28でした〜!!

で、シェムリアップに戻って
噂に聞いた、ホテルのスウィーツを様子見に

13 Siem Reap 1

Sokha Angkor Resort ってホテルなんだけど
三ツ星ホテルですよ!?
カンボジアで三ツ星ホテルって!?
って思って入ったら、かなりの三ツ星具合でした…(苦笑)
バックパッカーの入る所じゃなかったわ…

13 Siem Reap 2

でもホテル内にあるカフェで売られてるケーキ
ここは夕方18時以降になると半額になるんです!
これは行かなきゃでしょ!?って事で18時を待ってゲット!!

13 Siem Reap 3

見た目はもう普通に日本にあるケーキと遜色ない感じで
値段の方は半額で定価で1個US$2.35 とか
それが半額だから、1個¥100位って事ですよ〜!?

買って帰って、YAMATO でUme ちゃんと山分け

13 Siem Reap 4

Ume ちゃんと山分け中をこっそり写真に撮られてました(笑)

このケーキ達、味も全然旨かったわ〜
¥100で食えるなんて幸せだわ〜☆
って事で、カンボジアのスウィーツ第4弾は
シェムリアップで、ケーキです!

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 12, 2010

ベンメリア(Beng Mealea )

11月12日

実は今日はシェムリアップの町から北東へ約60km の所にある
↓ ベンメリア(Beng Mealea )遺跡へ
今日はさすがにチャリじゃないよ!(笑)

IMG_4979

TAKEO Guest House のツアーで行ったんだけど
TAKEO から、Reiko ちゃん、Matsuko ちゃん
JP 、Hiro 君、Terry 君の5人
YAMATO から、Ume ちゃんと俺で計7人

TAKEO のバンで行ったんだけど
片道1時間半位だったかな、7時に出て8時半頃現地着

そんで俺ら以外に助手席に知らないおじさんが座ってて
俺らは勝手にその人がガイドなのかと思って
現地到着後に聞いてみた

「ベンメリアは時間的にどれ位あれば見て周れますか?」

そしたらそのおじさん
「どの位でしょうかね?」と言ってタバコ吸い始めた

それを受けて、皆さん
「何だよこのガイド、どれ位かかるか時間位分かるだろ!!」
とご立腹だったんだけど
よくよく聞いたらそのおじさん、ガイドでもなんでもなくて
俺らと同じ旅行者だったみたい(笑)

IMG_4890

って事で、各自自由行動にして俺は1人ゆっくり見学
やっぱ写真撮ったりするから自分のペースで周るのが一番

↑ ベンメリアは結構崩壊してる箇所が多くて
崩れた石の上を歩いたりする事が多いんで
歩きやすい靴と動きやすい格好で行った方がいいですよ!

で、遺跡内には “ 勝手にガイド ” がたくさんいて
勝手に横についてガイドをし始めます
もちろん最後にはガイド料くれって話になるんで
いらない場合はきっちりいらないって言いましょう!

実際に俺もいきなりおばちゃん “ ガイドさん ” が付いたんで
しばらくは話しながら見学してたんだけど
ルートまで決め始めて「そっちじゃない、こっちだ」
みたいな感じになって来たんで、面倒くさくなって
「俺、金ないけど」って言ったら、急に表情が曇り
「何だよ金ないなら先に言えよ」的な表情で去って行きました

IMG_5064


IMG_5065

その後またすぐに ↑ ガイドが付いたんだけど
今度は子供達のガイドさん(笑)
写真下の子はちゃんと英語も喋れて
一生懸命ガイドをしてくれてたんだけど
お金を払う気はなかったんで
ちゃんと事前に「俺金ないよ」って伝えて
それでも一緒に付いて来るから、まぁかわいいからいいかなと

IMG_4908

↑ これ、何かの動物の顔なのか架空の生き物なのかな

↓ 崩れた石の中にもちゃんと彫刻は残ってました

IMG_4932

そんで子供達と一緒に遺跡内を歩いて周ってたんだけど
彼らにとってここは遺跡であると同時に遊び場なんだよね
ガイドしつつも遊べる所があると遊んで
でも俺がいなくなっちゃうとマズイから
俺が次のエリアへ行こうとするとちゃんと付いて来るんです(笑)

IMG_5045

↑ こんな感じで無邪気に遊んでる子達を見てると
微笑ましいよね〜
結局最後に子供達にはオレオをあげました
お金をあげるのはあんまよくないって言うからね

ベンメリア遺跡は崩落してて歩きづらいのもあったけど
ゆっくり周っても2時間半あれば十分かな
アンコール遺跡群よりも規模は小さくて
観光客も少なめでゆっくり見れます
ジャングルの中にある感じで、俺は結構好きだったなぁ

ちなみにツアー料金は1人US$7.5 で
ベンメリアの入場料はUS$5 でした

12 Siem Reap 1

シェムリアップへ戻り、TAKEO で ↑ マンゴーシェイクを
やっぱ暑いから、遺跡巡りの後はこれに限る!
かなりの完熟具合でめっちゃ旨かった☆
これで2,500リエル(約¥30)

その後、Ume ちゃん、Hiro 君、JP と昼飯食いにマーケット方面へ
その帰りにラッキーモールって言うエアコンめっちゃ効いてるモールで
アイスクリームを ♪
12 Siem Reap 5

普通に種類もいっぱいあって、日本と変わんない感じ
かなり迷った結果…

12 Siem Reap 7

↑ これに決定!(名前忘れた)

って事で、カンボジアのスウィーツ第3弾は
シェムリアップで、アイスクリーム with ワッフルコーン

12 Siem Reap 6

店員のお姉さんの笑顔が素敵でした☆

アイス = US$0.9 (約¥80)
お姉さんの笑顔 = プライスレス

夜は昨日飲みに行ったカンボジアンのアチョ達と飲む予定が
延期になったんで、岡田さんのバイクに乗せてもらい
Kazuma 君とUme ちゃんとアリーとアラーイが働く屋台で夕飯

12 Siem Reap 8

岡田さんの後ろに乗るUme ちゃん ↑
Ume ちゃんの後ろに俺も乗ってます
バイクの3ケツ in カンボジア(笑)

あらためまして、シェムリアップのちょい悪軍団です ↓

12 Siem Reap 10

そんで夕飯は ↓ Lok lak って言うカンボジア料理を

12 Siem Reap 11

炒飯の上に玉子焼き的なのが乗ってて
横に牛肉の炒め物と生野菜が添えられてます
生たまねぎはちょっと辛かったけど、なかなか旨かったわ

今日も盛り沢山な一日でした!

明日は皆でプレアビヒア(Preah Vihear )遺跡だ〜
ここはアンコール遺跡群級に楽しみ♪

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 11, 2010

世界遺産・アンコールワット(Angkor Wat )1日目

11月11日 /

今朝、4時前に起きてKazuma 君と2人
真っ暗な中チャリでアンコールワットへ

朝は弱めの俺、さすがにこの早起きには心が折れかけたけど
カンボジア、いや東南アジアのハイライトでもある
このアンコールワットには時間をゆっくり取りたかったから
折れかけた心を何とかつなぎ止め、チャリをこぎこぎ

で、まず向かったのはアンコールワットではなくて
スラスランって言う池 ↓ だったんだけど
ここチャリで結構遠くてさ、しかも途中から街灯もなくなって
本当に闇の中をひたすらこぎこぎ
懐中電灯持って行かなかったらヤバかったわ
そしてKazuma 君と一緒でよかったよ
1人だったら闇過ぎて間違いなく心折れてたね

IMG_4253

ここは「王の沐浴の池」とされていて
乾季には池の中央にある祠堂跡の土台が顔を出すとの事

まぁここへ来た目的はそれではなくて、朝日を見る為
↑ 東向きに望むこの池は、朝日の人気スポットの1つ
…が、何故か東の空にだけ大きな雲がかかってて
綺麗なご来光は拝めず…
まだ初日だしね、俺にはまだ2日もチャンスがあるからドンマイ!

んで、朝日を見に来る観光客を狙って
売り子の子供達が ↓

IMG_4284


IMG_4268

これはズルいよね!?
こんなかわいい子供達がさぁ
「買って買って〜」ってせがんで来る訳ですよ
これ位の年齢の子達だと、まだ無邪気でかわいいんだ
もっと年齢いっちゃうと、結構生意気になって来るんだけどね

で、まぁ俺は子供達と戯れたり写真撮ったりして
結局何も買わなかったけど、商魂たくましい親達の戦略ですね

朝日が若干不発に終わったんだけど
スラスランから、反時計周りで遺跡を巡る事に

IMG_4404

途中、 ↑ こんな日本企業がアピってるのを発見したり

まぁ遺跡内はほとんど坂はないんで
チャリで周るにはかなり快適なんだけど
チャリ自体が日本と違ってサドルとか硬くて痛いし
道もガタガタの所があったりするし、暑いしで意外に疲れます
でもそう言うのが俺が求めてる旅のスタイルなんで
めっちゃ楽しい〜☆

注:お金のある人は、トゥクトゥクで周るか
  もっとお金のある人は、現地でツアーに申し込むか
  更にお金ある人は、日本からHISとかのツアーで来ましょう(笑)

ではここから、しばらく写真だけでお楽しみ下さい♪
こう言う素晴らしい遺跡を説明するのに
俺の安い言葉なんていらないと思うんです
「すごい」とか「綺麗」とか、そんな言葉では言い表わせない
神秘な世界がここにはあるんで

IMG_4297


IMG_4319


IMG_4321


IMG_4333


IMG_4374


IMG_4431

これらはアンコール遺跡のほんの一部で
皆が良く知ってる、 “ アンコール・ワット ” や “ タ・プローム ” は
まだまだこれからなんです

あ、って言うか、「そもそも君がさっきから語ってる
“ アンコールなんちゃら ” って何なのさ!?」って言う人

すみません、もう誰もが知ってる前提で話してたけど
例えばこの “ アンコールワット ” とか
ペルーの “ マチュピチュ ” とか “ ナスカの地上絵 ” とか
世界的にも有名なこれらの遺跡類
俺は昔から好きで、色々と見て周ったんだけど
それは俺がこの手の神秘的な遺跡が好きだから知ってるだけで
もちろん全く知らない人もいるんだよね〜

実際旅してて、「ペルー?マチュピチュ??」って人にも会ったし

では、一旦休憩を挟んで簡単にアンコール遺跡について
触れたいと思うんで、それまでこちらをご覧下さい

IMG_4445

↑ 遺跡内の屋台で売ってた物
売り子さんに聞いてみたら焼きバナナとの事
なかなかいい匂いがしてたんで買ってみた(1000リエル・約¥10)
↓ バナナの葉かな?外側の包みを取ると

やっちまったぁ…
バナナを米で包んじゃってるよ…
個人的には、飯は飯、スウィーツはスウィーツ派なんで
混ぜて欲しくない訳よ

IMG_4447

でも買っちゃったもんは仕方ないんで
騙されたと思って一口…

ん?んん??
米にバナナ…、意外にイケる〜!!!!
ってか旨いわ、何この意外な組み合わせは!?
これお薦めなんで、先入観を持たずに是非お試し下さい
ジャンルはスウィーツなんで
カンボジアのスウィーツ第2弾は
↑ シェムリアップで、焼きバナナ的なヤツ

小腹が満たされた所でまたチャリを走らせると

IMG_4661

サルの親子連れがいて、何かめっちゃかわいかった☆

それでは、休憩も終わった所で
アンコール遺跡について簡単に説明したいと思います

まず、アンコール・ワットと言う名で呼ばれる事が多いこの遺跡群
実際にアンコールワットは、アンコール遺跡群の中の1つで
アンコール=町、ワット=寺 と言う意味の様です

ちなみにこのアンコール遺跡群は、9世紀〜14世紀にかけて
当時のクメール王朝下で建設された遺跡で
1860年にフランス人の博物学者
アンリ・ムーオさんにより発見されたそうです

250px-Flag_of_Cambodia_svg

この遺跡は、カンボジアの国旗 ↑ にも描かれてる様に
カンボジア人にとっては非常に大きな存在です

1992年ユネスコ世界遺産に登録されました

って感じなんだけど分かった?
要はカンボジアにある、世界遺産に登録された遺跡の事です

ちなみにここカンボジアではクメール語(カンボジア語)
が使われてるんだけど ↓ 全く読めません…(苦笑)

IMG_4849

今回の旅の始まり中国は、漢字だからそこそこ想像はついたし
2ヵ国目のベトナムは、英語ではないけど
アルファベットも使われてるから、ある程度読む事は出来た

3ヵ国目のカンボジアに入って
初めて全く解読不能な言語登場(笑)

それでは話を遺跡内の観光に戻したいと思います
↓ 夕日も綺麗に見れると人気のタケウ

IMG_4733

ピラミッド型の寺院なんだけど、建設途中で放棄されたとの事

上まで登れるんだけど、階段は ↓ こんな感じです

IMG_4744

この急さは半端ないよね!?
お年寄りには難しいと思うんで、若い内に行きましょう!

そして写真で見た事ある人も多いと思うけど
アンコール遺跡群の象徴的な存在のタ・プローム
これぞ神秘だよね〜!!
ちょっと曇ってたんで、また後日ここは来よっと!

IMG_4787

今日は雲も多くて夕日がイマイチ綺麗に見れなそうだったんで
偶然発見した遺跡内の川みたいな所 ↓ で夕日を

ちょっと分かりづらいと思うけど
川面にコケみたいなのが浮いてて、それがマーブル状に
そこに雲の合間から少しだけ見えた夕日が映って幻想的な感じ

IMG_4856

最後は、アンコール・ワットの横をチャリで通り過ぎて
今日は中へは入らずに外側から流すだけにしました ↓

俺は3日券買ったから、まだ2日間来れるからね!

IMG_4865

って事で、今日は終日チャリで遺跡内を周り
宿に戻ってシャワーを浴びてから
Kazuma 君と昨日出会ったKazutoyo 君と3人で
シェムリアップにある日本語学校を見学しに行った

11 Jay's School 10

日本語学校、「Jay's School 」

11 Jay's School 3

日本人の先生が、地元の子供達に日本語を教えてて
生徒の年齢は中学生位の子達から成人まで幅広く
自己紹介の時間をもらったんで
生徒達と俺らとお互いに自己紹介したんだけど
皆シャイで擦れてなくてかわいいんだわ
「将来は日本語を使って、アンコールワットのガイドをしたい」
とか皆夢を持って、真面目に勉強してたよ

そんで見学後、この日本語学校に通うちょい悪若者達と
彼らのバイクのケツに乗せてもらい
↓ 彼らがよく行く飲み屋へ

11 Jay's School 11

左からアチョ、ハイさん、岡田さん(皆、カンボジア人)
岡田さんは、 “ ますだおかだ ” のおかだに似てるから
岡田さんって名前にしたそうです(笑)

あ、読んでくれてる方、長々とすみません
やっぱ旅中は書く事多いし、色々と記録として残しときたいんで
最後まで読んでくれた方、ありがとうございます

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 10, 2010

あらためて、シェムリアップ(Siem Reap )です!

11月10日

あらためましてカンボジアです
今回の旅でのハイライトの一つ
“ アンコールワット ” がある国で
そのアンコールワットの最寄の町、シェムリアップに来ました

まずは昨日から泊まる事にした宿
YAMATO GUEST HOUSEの紹介を ↓

10 Siem Reap 1

YAMATO Guest House

住所 311 National Road No.6 Taphol Village,
                     Svay Dangkum, Siemreap
電話 012-893-001 / 017-777-110
料金 1泊 Dorm US$2 (3泊以上で1泊無料)
その他 ワイヤレスインターネット無料、情報ノート有
      日本語書籍多数有、トイレ・バス付
      シャワー(お湯OK)、バスタオル付
      レストラン&バー有、英語&日本語OK
      レンタサイクル(US$ 1 / 1日)、各種ツアー取り扱い
      ビリヤード有(無料だがボロイ)、check out 12時
      DVD 無料貸出し有、ドミは蚊が多く狭くて汚め
      巨大スクリーンで映画上映有、ロッカー無
      洗濯機有(US$1 / 1kg )、犬2匹いてかわいい
      空港ピックアップサービス有、クライミング施設有
      シングル・ダブルルームは綺麗

俺はもちろん一番安いドミに泊まったんだけど
狭い部屋に2段ベッドが2個置いてある4人部屋
↓ この狭さはかなりのもんです

10 Siem Reap 2

でも一応トイレ・バス付でお湯も出るし
エアコンは無いけど、ファン回しておけば全然寝れるし
ファンの風が結構強いから、蚊対策にもなって一石二鳥(笑)

昨日チェックインした時点では俺以外に先客が1人いたんだけど
その人ずーっとマンガ読んでたからあんま話さなくて
あらためて今日話をしたら偶然にも同じ年って事が判明
ゆる〜いキャラの彼はKazuma 君
これからきっと一緒に行動する事になる予感

そんで俺は宿でネットしてたら
TAKEO に泊まってるって言うReiko ちゃんって子が遊び来て
Kazuma 君と3人で町をフラフラする事に

10 Siem Reap 3

俺は昨日の朝以降飯食ってなかったから
とりあえず飯を食いに行こうって事で、チャリ借りて
オールドマーケット周辺へ行き、 ↑ ランチタイム
とりあえず3人で適当に頼んでシェア
何か日本っぽい炒め物で普通に旨かったわ

シェムリアップに入って一気に暑さが増したんで
ランチの後にフルーツシェイクを
その店でお客さんに絵葉書とか売ってる売り子の男の子 ↓

10 Siem Reap 6

なかなかいい表情してるよね〜!

で、腹も満たされて、再びチャリでキリングフィールドへ
プノンペンにも同名の場所があるみたいだけど
ポルポトによって惨殺された人達の骨が展示?されてます

キリングフィールドにいた子供達は日本語を勉強してるらしく
Reiko ちゃんに色々と聞いてた ↓

10 Killing Field 3

更にKazuma 君はカンボジアのイケメン君を発見し
日本語に興味を持つ彼に色々と教えてあげてたんだけど
シャイな彼は日本人を前にするとなかなか口に出せず
かわいい一面も(笑)

↓ どう?なかなかのイケメン君でしょ!?

10 Killing Field 9

そんなこんなで、Reiko ちゃんは町に戻って
Kazuma 君と俺はキリングフィールドから更に進んで
アンコール・ワット(Angkor Wat )のチケットセンターまで行き
明日からのチケットを購入!
おぉ、遂に買っちまった〜!念願のアンコール・ワット〜!!

このチケットセンター、正式にはコントロールゲートって言うんだけど
シェムリアップの町から全然チャリで行けちゃいます
お金のある人はいいけど、節約バックパッカーの皆さんは
トゥクトゥクとか使わずにチャリか歩いて行ってみましょう!(笑)

ちなみにアンコール・ワットの入場券の料金は
1日券がUS$20
3日券がUS$40
7日券がUS$60
時間のない人は1日券になっちゃうだろうけど
時間のある人は3日券をお薦めします

DSCN0671

って事で、俺は3日券を購入しました
ちゃんと写真撮ってパスにプリントしてくれます
してくれますって言うか、不正防止だと思うけどね

一般的に “ アンコール・ワット ” って言うけど
これはこの一体に広がる遺跡の中の一つであって
他にもアンコール・トムとかタ・プロームとか
いっぱいあるんで、1日で全部周ろうとするとかなり大変

なので少しゆっくり目にスケジュール組んでおくといいです
3日券買っても、3日連続で行かなきゃいけない訳じゃなくて
有効期限が1週間だから、その間で好きな日3日行けるって事
例えば、初日にアンコール遺跡群を見て
2日目は近郊のベンメリア(Beng Mealea)行ったり
のんびりオールドマーケットで買い物したりしてもいいしね

そうそうこの入場券、ちょっと嬉しいのが
行きたい日の前日に買うと、買った日の17時以降かな
要は夕日を見に遺跡内に入れるんです

って事で、Kazuma 君と一緒に
早速プノン・バケン(Phnom Bakheng)へ行って来た
ここは遺跡内で一番人気のSunset ポイントなんだけど
日本からツアーで来てる日本人観光客もたくさんいました

肝心の夕日の写真だけど、雲が多くて綺麗に見れなかったんで
今日の写真はUPしないでおきます
本番は明日からだからね!!

10 Siem Reap 9

↑ で、今日の夕飯はオールドマーケット方面の屋台で
カンボジア風のカレーを頂きました

ちょっと甘めの味付けだったからカレーだと思って食うと違うけど
これはこれで旨かったわ〜☆
そんでそこの屋台は、Kazuma 君お気に入りの
愛嬌のいいカンボジア人の姉妹がやってるお店で
アリーとアラーイって言うかわいい姉妹で
愛嬌も良かったんで、明日も来る事確定!!(笑)

そんで、食後はしっかりスウィーツを ↓

10 Siem Reap 11

これはクレープにバナナを乗せてチョコレートソースをかけて
最後にミロのパウダーをかけて完成

甘々だったけど、この具材だから旨いに決まってるよね〜♪
って事で、カンボジアのスウィーツ第1弾は
シェムリアップでバナナクレープです

そうそう今日昼間、Reiko ちゃんとKazuma 君と
2008年に新しく世界遺産に指定された
プレアビヒア(Preah Vihear )へ行くべく
TAKEO Guest House 主催のツアーについて調べたら
プレアビヒアへバンで行くツアーがあって
人数多い方が割安になるって事なんで
TAKEO にその旨の張り紙をして参加者を募る事に

夜、宿戻ったら、ドミに新しく2人旅行者が入ってて満室に
1人は短期旅行者で、もう1人はイケメン慶応Boy・Ume ちゃん
Ume ちゃんもバックパッカーなんで
プレアビヒアツアー参加の方向になりました!

さぁ、明日はアンコールワット本番です
朝日を見るべく、朝一から頑張ります

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2010

東南アジアの旅3カ国目・カンボジア

11月9日 /

今日は7時15分に旅行会社集合だったから
ダッシュで朝飯食って、やっきと別れて出発
何だかんだでやっきと合流して4日間
宿や飯の面でかなり世話になっちゃったし
旅で出会う友達とはまた違って、気心が知れてるから
気楽な感じで楽しかったわ〜

で、結局出発したのが8時過ぎ…
これだったらもっとゆっくり朝飯食えたのに
とか思いながら、無事に出発

9 Saigon 3

バスの車窓から、 ↑ ベトナムの建物を眺めつつ
何か違和感を感じていた
何だろうなと外を眺めて気付いたのが、電線だ!

日本も電線が景観を損ねてるなって思ってたけど…

9 Saigon 2

↑ これは酷いっしょ!?

たまたまここだけ工事中なのかと思いきや…

9 Saigon 1

これも酷い…

どうしたらこんなんなっちゃうんだ!?
同じ景観を損ねるでも、日本とは大違いだな(苦笑)

そんなベトナムを後にし、今回の旅で3カ国目になる
カンボジアへ

ビザはアライバルビザがUS$25で
手続きはエージェントが代行してくれたんでスムーズに
ちなみにホーチミンからはバスで2時間半位だったね

って事で、チョムリアップスオ〜

ボーダーから再びバスでプノンペンへ
ボーダーからは4時間弱でプノンペンに到着
その時点で15時頃だったんだけど
プノンペンに泊まるか、一気にシェムリアップまで行くか
考えたんだけど、ギリでシェムリ行きのバスがあったから
一気に行っちゃう事に!

9 Cambodia 2

↑ で、途中休憩で立ち寄った所で見掛けたコレ…

生きた蜘蛛…
タランチュラみたいのだったけど
ちゃんと毒は抜いてあるって話で
すぐ近くでこんな姿に ↓

こんな感じのゲテモノ達が並んでる屋台で
バスの乗客達(地元民達)がスナック代わりに購入し
バスの中でポリポリ食い始めた(苦笑)

9 Cambodia 3

そんで、よ〜く自分の座席のシートの横を見たら
それらの足と思われるもんがボロボロ落ちてた…

そんなこんなで、シェムリアップに着いたのが
夜の21時45分
プノンペン出たのが15時過ぎだったから
約6時間半のバスの旅でした

シェムリのバスターミナルから町までちょっと距離があって
時間も時間だったんで、仕方なくtuktuk を使う事に
そんで、今晩の宿はYAMATO ゲストハウスへ

本当はTAKEO ゲストハウスに泊まろうと思ったら
ドミが一杯って事だったから、YAMATOに決定

とりあえず今日は疲れたんで、おやすみ〜

ベトナム旅費・滞在費内訳 (14日間)
宿泊費 US$23 330,000ドン
交通費 US$34 417,000ドン
飲食費       709,100ドン
観光費 US$29 645,000ドン
甘味費       116,000ドン
土産費       112,000ドン
その他 US$18  53,500ドン
合  計 US$104 + 2,382,600ドン = 約19,000円
(※US$1=約86円 10,000ドン=約41円)

人気ブログランキングへ
yonezawa0210 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
写真販売始めちゃいました
World time clock
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

英語の名言集
英語名言
QRコード
QRコード